孫のためにも禁酒をして健康になると決めたおばさん

親戚の50代後半となるおばさんは、どんどん太っていきました。10年前には体重が60kg台だったのに、90kgにまで太ってしまったのです。一回りも太くなり、まるでトドのようです。

 

ウエストは100cmもありますし、太ももは丸太の様に太いのです。歩く度に床がキシキシと鳴り、しまいには床が抜けてしまいました。いくら何でも太りすぎだろうと思い、その原因を聞いてみたら、お酒の飲みすぎだということが分かりました。

 

お酒だけでウエストが100cmにもなるわけがないと思いましたが、おばさんは、お酒だけを飲んで太ったわけではないのでした。お酒と一緒に食べていたポテトサラダや酢豚、ピザなどを食べていたので、太ってしまったのです。

 

そんなおばさんを見て、親戚も痩せないと駄目だよとアドバイスしていました。おばさんは大丈夫だと笑っていましたが、病院に行って健康診断をしたら、コレステロールや中性脂肪が多いと指摘されてしまったのでした。

 

元々、太り易いおばさんは、医師に言われてとてもショックを受けていました。お酒とそういった食べ物を辞めた方がいいと言われましたが、なかなか辞めることが出来なかったようです。

 

でも、心臓に負担をかけることになると知ったおばさんは、ダイエットをすることにしました。カロリーの高い料理を辞め、ビールをゼロカロリーの炭酸飲料を飲んでいました。

 

ビールを飲みたい時には、おばさんは糖分を飲むだけでカットできるサプリメントを飲んでいました。飲むだけなので、ずぼらなおばさんでも気軽にできたようです。

 

合わせて、ウォーキングをしていました。朝と夜、30分ほどウォーキングをして新陳代謝を高めていました。みるみるおばさんは痩せていき、周りの人も驚いていました。

 

1ヶ月で5kgも痩せてしまい、半年で20kg以上も痩せることができました。顔色も良くなりましたし、顔も体系も若返ったのも驚きました。髪の艶も良くなり、見違えるように美しく痩せました。

 

顔の吹き出物も改善し、社交的になったのも良かったと嬉しがっていたおばさんです。おばさんが楽しそうにしているのを見て、家族も私も嬉しくなりました。

 

孫ができ、その孫の結婚式に出るのが夢というおばさんは、今のうちに健康を考えなければならないと心を入れ替えたようです。

 

お酒を飲みすぎて、しかも運動不足だったおばさんは、禁酒をして長生きしたいと言っていました。私も、たまにおばさんと会い、一緒にウォーキングをしています。