仕事のストレスでアルコール依存症になりました。

私は30代男性、建設会社に勤めるサラリーマンです。
サラリーマンといってもネクタイを締めて働いているわけではなく、毎日建設現場にいって現場監督や、ときには自分が作業服を着て率先して人工となり、働くこともあります。
そんなわけで、私の仕事の成果が認められて会社では異例の出世。
30代で課長の座を与えられました。
やはり努力をしていると会社はちゃんと評価してくれるものです。
私は会社に感謝して毎日頑張っています。
しかし、それを面白く思わない輩達もやはりいます。
それは同期の人間たちです。
私は中途で今の会社に入ったので、同期の人間には年上、年下の人間が両方います。
その中でも特に嫉妬がひどかったのが年上の同期。
30代後半の少し癖のあるAという男です。
彼は私が昇格したことが非常に面白くなかったようで、毎日毎日私に嫌がらせをしてきます。
それが非常に陰湿で、それでいて幼稚で腹が立って仕方が無いのです。
私が昇格してから半年が経ちますが、その間、何度彼に作業服を棄てられたり、作業用の靴を棄てられたことか…!
それもさも間違ったかのようにしれっとやられるのです。
温厚な私も彼には何度が怒ってしまいました。

しかし、怒ると言っても上司としての目線で怒らなければいけないので、感情に任せて怒るわけにはいけません。
なので、余計にフラストレーションが溜まります。
家に帰って、家族には仕事の話をしないのが私の主義だったのですが、この半年ばかりは妻にも相談しました。
そして、何より悩みがお酒の量が増えてしまったことです。
私が今までお酒が大好きで家に帰ってから晩酌で缶ビールを2〜3カン空けて寝ていました。
しかし、最近ではビール6缶、更に焼酎をコップ3〜4杯飲んで寝ます。
もっとひどい時は焼酎を一本空けてしまうこともあるのです。
こうなってくると、もう飲んでいた前の晩の記憶が定かではありません。
そして酔っ払って、家族にも迷惑をかけています。
この半年、同僚のAのせいで私はアルコール中毒になってしまったのです。
お酒をやめるとどうしても精神的に苦しくなり、眠れなくなるので、ついつい起きてきて、隠れて酒を飲む…ということをやってしまいます。
私は自分で自分が恐ろしくなって来ました。
さらに仕事では管理職という立場なので、昨夜の酒のせいで失敗してしまったら今までの努力が水の泡です。
本格的に危機感を覚えた私は禁酒に取り掛かりました。
方法はひたすら我慢すること。
そして、酒の席には絶対に顔を出さないことです。

私は付き合いが良い方だったので、飲み会に顔を出さないということが非常にキツかったのですが…これも家族の為、仕事の為…と思い込んで我慢しました。
それを3ヶ月続けていたら、ようやく私の中からお酒が消えたようです。
最終的には本人の意思なんでしょうね。
とても良い勉強になりました。
その後もAの嫌がらせは続きましたが、前よりは上手く躱せるようになって来ました。
今ではあまりストレスも感じません。
私はお酒を乗り越えたのです。