健康診断でドクターストップが掛かった同僚

職場で毎年恒例の健康診断がありました。
私はコレステロールの数値がどうやら高め、かなり強い口調で注意を受けかなり落ち込んでいました。
同じように診断を受けた同僚は別の理由でしたが禁酒指令が出ました。
私と彼はよく仕事帰りに一杯やるのですが、私があまりアルコールに強くないのと真逆で、彼は時間があればどれだけでも飲めるタイプ、大人数で行く時は私たちが帰ってもそのまま酒の強い者同士で盛り上がっています。

 

これまで何度となく医者からは注意、警告を受けたことがあるとは言ってましたが、さすがに今回は相当深刻な検査結果だったようで、珍しくしばらくお酒は絶つと宣言したほどです。
詳しいことはよく理解できませんでしたが、医者の診断ではどうも肝機能障害云々との話、それも彼が禁酒を決意したぐらいですからかなりの症状なのでしょう。
それからというもの、私たちが軽く飲んでこうと話しているのを寂しそうに聞いている姿は何とも切なく感じました。
医者からは取り合えず半年は我慢と言われたようですが、毎晩浴びるほど飲んでいた彼にとっては3日でもキツいはず、本当に禁酒が続くとは周囲には思えませんでした。

 

それでも彼は何とか一ヶ月アルコールを一滴も口にせず、休憩時間見ていてもミネラルウォーターで我慢していました。
それまで一日二箱吸ってたタバコも数本に減らし、食事面も奥さんがサポートしながら体に良さそうなもの中心に切り換えていきました。
その後も何とか我慢を続け、仕事が終わっても寄り道せずに早く帰宅、人間やればできるものですね。
そう言っているうちに二ヶ月、三ヶ月と過ぎて行きます。

 

ある休日、彼の家に遊びに行くことになりました。
最寄りの駅に着いて一本電話、何か買っていくもの無いか?と。
彼は私にケーキを買ってきて欲しいと言いました。
これには私も驚きました。
実は彼は甘いモノが全くダメでその点も私とは正反対、だからこそ私はコレステロールで引っ掛かったんだと思うのですが、彼が甘いモノに手を出すのをこれまで一度たりとも見掛けたことがありません。
まあ食べなくても私も彼の奥さんや子供が食べるだろうからといくつか見繕って買って行ったのですが、開けるなりまずシュークリームをペロリ、私たちが一つ食べ終わる頃にはまた別のにも手を出していました。
彼が言うには多分糖分が足りないんだという話、お酒抜いた反動だそうです。
しかもうまい!と唸りながら食べる彼に少し笑ってしまいました。
それだけ禁酒はつらいものなんでしょうね、彼にとっては。

 

結局彼は半年間、先生との約束を守り禁酒をやり通しました。
診断では以前よりはかなり改善してると言われたそうですが、それ以上に彼は生活習慣を見直したお陰で軽いダイエットにも成功、いろんな意味で体調が良くなったようです。
今彼は?
体が元気になってダイエットついでにエクササイズを始めたところです。
でも彼は言います。
きっと終わってからのビールは美味しいんだろうなあ。
それを聞く度昔に戻ってしまわないか心配になります。

お酒に強い人・弱い人の違いは?アセトアルデヒド脱水素酵素の話

酒ってやっぱり太るのね…

専業主婦になってからというもの、旦那が一生懸命働いて稼いできたお金をお酒に遣うのはもったいないと思っていました。
その反面、お酒を飲む事が人生での楽しみの1つだとも思っていたので、禁酒したいとは思いつつも、禁酒するなんて人生の無駄だと思っていました。

 

しかし、あまりにも動かなくなったのに、毎日のようにビールを飲んでいたので、私は、3kg以上太ってしまいました。
半年間で3kgですから、今までそんなペースで体重が増えたことが無かったのでびっくりしました。
しかも、もうこの年齢になってしまうと、1kgを落とすのにも何カ月もかかってしまうので、かなり焦りました。

 

そこで、私はジムに通いながらダイエットを始める事にしたのです。
息子と一緒に自転車もしくは、ベビーカーを押して、5km弱ある方道を歩いて、ジムの託児所に息子を預けて自分はダンスやボクシングのクラス、それと筋トレをしてダイエットに励みました。
そして、復路も自転車、もしくは徒歩で帰ったのにもかかわらず、全然体重が落ちません。

 

そこで、考えました。
食事制限は体力がなくなるからしたくないけど、禁酒をすれば何かが変わるかもということです。
ということで、ジムを始めて2ヶ月くらい経った頃でしょうか。禁酒をする事を決意しました。
とはいっても、ずっとではなく、週に1度だけ飲んで良い日を決めるというものですが、ジムに行って、動き過ぎて疲れてしまうので、自然と禁酒ができてしまいました。
しかも、2週間連続です。するとどうでしょう、1番の変化はお腹に出てきました。
妊娠・出産して伸びきってしまったお腹の皮、そして、ビールでついてしまったお腹の肉はぶよぶよ状態でした。
ところが、お腹の真ん中にくっきりと線が出てきたのです。

 

この結果を見て、私はびっくりしました。
「やっぱりお酒って太るのか」と思ったほどです。
平日禁酒をしたりしていたら、ついに、太った分が全てちゃらになりました。ダイエット成功です。
しかも、禁酒をすると、アルコールのせいでいつもは最初はこてっと眠りにつくのですが、どうしても夜中に何度か気持ちが悪くなったりして目が覚めてしまいますが、それがなくなりました。
お腹の大きさも変わり、お酒を飲まなくなった分なのか、食欲も自然に落ちてくれたような気がします。
酒というのはほとんどのものが糖分を含んでいますから、ダイエットするには禁酒というのは1番最高のダイエット方法だと実感しました。

DHAサプリ